テレビを買い替えろ

21 インチブラウン管テレビに CATV デジタルチューナをつないであるのですが、地上・ BS デジタル放送といえば、どれもこれも 16:9 の画であり、 4:3 ブラウン管で見ると、とても小さくなってしまいます。

わたしは画面サイズが小さくなろうが、 Y/C 分離の弊害がなくなるだけで充分満足なのですが、家族の方はといえば、同じ感じ方をしていないようです。

となれば当然、アナログ放送をテレビ内蔵チューナで視聴することになりますが、これが最近地調子悪くなってきました。

音が小さくかすれるようになってしまい、まともに聞こえません。これではさすがに不満のようで、デジタル放送に切り替えることになりますが、今度は画面サイズが気になる。
ここでようやくテレビの買い替え論が現実味を帯びてきました。

今のテレビが置いてある場所は食器棚の一部で、テレビなどが置ける場所が空けられているタイプです。横は広いのですが、高さが問題になります。 21 インチテレビがちょうど収まるだけしかないので、このままではワイド 26 インチまでしか入りません。

別の場所に置くことも検討されましたが、なかなか大きなテレビを置けるような場所が見当たらず、各社のカタログを取り寄せ、細かくサイズを調べて頭をひねることしばし。

食器棚のところでも、引き出しを取り外せば、 54 cm まで高さが取れますが、 32 インチでは軽く 60 cm 以上になってしまいます。

ここで検討されたメーカは、松下、シャープ、日立の三社なのですが、シャープのみスピーカの位置が下と横の二種あることに気づきます。横スピーカタイプでスタンドを外せば 49 cm なので、壁掛け金具を使用すればなんとかなりそうです。

と、現時点でここまで辿り着きました。シャープの新型 B シリーズは 3 月 1 日発売です。果たしてうまくいくのでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中