Monster iCarPlay Wireless Plus

iPod 使いの妹に iCarPlay Wireless を買ってやったところ、えらく評判が良かったので、自分でも気になっていた品物です。
妹にはそれの前にサン電子の FM トランスミッタもあげていたのだけれど、吸盤が邪魔だとかで破壊されてしまっていました。

自分では iriver 製ポータブルプレイヤーを使っていたので、 iCarPlay Wireless は使えず、給電機能つき FM トランスミッタに憧れていました。

さて、今回 iPod 5G を導入するに当たり、一番の購入動機は iCarPlay Wireless をはじめとする豊富なアクセサリ群だったわけであり、当然のように iCarPlay Wireless も入手します。細かく言うと Plus の方です。

実際使ってみると、これがすこぶる便利。給電が切れると同時にポーズがかかってくれるので、必要な操作は、エンジンを掛けた際に 1 クリックするだけです。しかも音の出が早い。
サン電子製よりも Monster 製の方が、電源オンから音が出るまでの時間が長めなので、 iriver と比べて iPod の早さが際立ちます。
iPod がスリープからの復帰と同時に再生を始めてくれるともっとありがたいのですが。

iCarPlay Wireless Plus で気になったのが、 iPod をつないだときに聞こえる、ピーという小さな甲高い音です。これはサン電子製の頃から使っていた 88.9 MHz の周波数特有のようで、 88.5 MHz に変えたところ、問題なくなりました。
最初は iPod の所為かと疑っていたのですが、無実でよかったです。

— 追記
Dock コネクタ接続なので、 iPod 側で音量調節の必要がないのは嬉しいですね。
今までは、ヘッドホンで聴こうとする度に音量が大きすぎて慌てることが多かったので。

カテゴリー: Portable Audio パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中