GLANTANK 仕切りなおし

とりあえず玄箱から HDD を拝借して動かしていた GLANTANK ですが、ふつうに Debian として使えるうようなので、新たに HDD を 2 台調達してスパンニングモードで動かすことにしてみました。

前回は勝手も分からず行き当たりばったりでしたが、二度目となれば特に迷いもなく、さくさくと導入が進みます。
以下、作業記録。
まずは source.list を手近な RING サーバーのものに置き換えたのち、
apt-get update, apt-get upgrade
ここで、5 個くらい保留パッケージがあったので、
apt-get install apache2 あともう一つ。
その後、 apt-get install samba swat
/etc/inetd.conf から swat の行のコメントを外して kill -HUP <inetd の PID>
useradd, passwd, でユーザーを追加したら swat に root でログオンして同じようにユーザー追加。
swat で共有ディレクトリを設定。

さて、ファイル名の文字コードはデフォルトでは何になるのでしょうか。
telnet から見た感じでは UTF-8 でしょうか。

カテゴリー: GLANTANK パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中