iTunes server

2 ちゃんねるのスレにあったソースを元に、パッチを当て、 mp3-scanner.c を書き換えて UTF-8 ファイル名に対応させます。

LANDISKで漕ぎいでな〜♪」の BBS を参考にインストール。
dpkg-buildpackage -d -us -uc -nc
少なくとも -uc オプションをつけないと、ファイル Change.Log で引っかかります。
コンパイルエラーが出るたびに debhelper, libgdbm-dev, libid3tag0-dev を apt-get install して先に進めます。

.deb ファイルができたら、 dpkg -i します。無事にインストールが終わったら、 /etc/mt-daapd.conf を確認します。 GLANTANK デフォルトが入っているので、好みで手直しした後、忘れずに /var/cache/mt-daapd/songs.gdb を削除して
/etc/init.d/mt-daapd start

Windows PC で iTunes から “GLANTANK music” を開くと、見ているそばから曲数が増えていきます。Shift JIS な ID3 タグも問題なしです。コメント項目が文字化けしているのが今後の課題ですが、実使用には問題ありません。

Debian の勉強にも少しはなっただろうし、めでたしめでたし。

カテゴリー: GLANTANK パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中