Squid

その昔、 OS/2 上で Squid を動かして、キャッシュの共有などさせていましたが、OS/2 マシンがサーバーを引退して以来、何もしていませんでした。
GLANTANK で Debian が動いているのだからと、 Squid を入れてみることにしました。

いつものように apt-get install squid すると、画面に何やらカタカナで「アボート」とか出てきます。
エラーメッセージを流し読みしたところ、 visible_hostname を設定しろと言っているようなので、 あわてず /etc/squid/squid.conf の該当箇所を書き換えます。
/etc/init.d/squid start すると、無事に起動してくれました。

あとは、 cache_peer 項目をプロバイダの proxy にしてあげたり、 acl と http_access 項目を使って、接続できる IP アドレスの制限を変更したり、 always_direct 項目で LAN 内にはプロバイダ側のプロクシを呼びに行かないようにしたところ一段落です。

あとは、余裕があればカーネルを再構築して、透過プロクシにチャレンジすることでしょうか。
そこまでできれば、クライアント側の設定を不要になって便利になります。

カテゴリー: GLANTANK パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中