Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2

HDD がうるさくなったので、 HDD を入れ替えることにしました。 TV チューナーに I-O DATA GV-MVP/RX3 を使っているのですが、これが MCE 対応ドライバが出たということもあり、また、 Xbox 360 が MCE と接続できるということで、 MCE を導入することにしました。

ケースを開けると、 HDD だけでなく、CPU ファンも異音 (と異臭) を発生していたので、放置されていたリテールクーラーに置き換えました。 Tomb Raider: Legend 体験版を動かしている最中に、ビデオカードの 9600XT が 104 ℃で落ちたこともあり、エアフローも多少は考慮してみることにします。 まずは SCSI 系を撤廃。 50 pin フラットケーブルがなくなってすっきりしました。 次に Creative Soundblaster Audigy 2 ZS Digital Audio も、ゲーム機という役割を外された以上、不要になったので取り外します。

CPU クーラーと HDD を取り替えたら、とても静かになりました。ニコイチ BOX の方がうるさいくらいです。もちろん、全力運転中の Xbox 360 の方が遥かにうるさいことはいうまでもありません。

さて、順調に OS の新規導入が進みますが、メディアセンターの設定のところで赤外線受信デバイスが見つからず敗退。 MCE 対応リモコンを用意しなければならないようです。 リモコン自体は Xbox 360 に付いてくるので、足りないのは赤外線受信部だけですかね。

赤外線の敗退にめげず、 GV-MVP/RX3 の MCE 対応ドライバを入れ、M/B が、 ASUS P4B533 なので、オンボードの C-media Audio のドライバを入れ、 ATi CATALYST ドライバを入れ、 ATi Control Center を入れたところで、 .NET Framework 1.1 がないと言われます。これは Windows Update で .NET Framework 2.0 を入れて解決。

次に Prodif Plus のドライバを入れようとして、ドライバのバックアップが残っていなかったことに気づき、インターネットを検索。しかし容易には見つかりません。結局、 Marian のダウンロードページを Internet Archive からサルベージする羽目になります。

A3D 2.0 な MonsterSound MX300 を使っていたときも、ドライバが拾えなくなって焦ったことがあるので、マイナーなサウンドカードには要注意ですね。

ファンの異音は、オイルレスメタルのオイル切れだったことが判明し、オイルを注すことで一先ず復活しました……

カテゴリー: Windows パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中