ファンレス

Tomb Raider: Legend で、なぜ RADEON 9600XT の温度が三桁℃になってしまう原因が判明しました。

PC ケースのふたを開けても温度上昇が収まらないので、ビデオカードのファンを確かめてみたところ、案の定、動いていません。
他にまともな放熱板も備えていないので、これではまともなファンレスビデオカードよりも遥かに悪条件になってしまっています。
3D 性能を発揮するどころではありませんでした。

AGP なファンレスビデオカードを探そうかとも思いましたが、とりあえずオイルを注して様子を見ることにします。
電源投入してもファンが回ってくれず、一瞬諦めモードになりかけましたが、指で回してやると、そのまま回り続けました。

今度は TR:L 体験版を動かしていてもビープ音は鳴らず、温度は 56 ℃付近で安定。アイドル時で 32 ℃くらいなので、しばらくこのままがんばってもらうことにしました。
アイドル時で 56 ℃とかだった時点で異変に気付けということでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中