TruePower 2.0

今使っている TOPOWER TOP-370 P4V は、後部に排気ファンを持たないケースのことは考慮していないようで、 CPU 温度が 57 ℃まで上がってしまいます。
これではファンの回転数も下がらずうるさくなってしまうので、新しい電源を調達することにしました。

そこで目をつけたのは、 12cm のファンが底面についた Antec の TruePower 2.0 です。容量も 1 ランク上げて TPII-430 にしてみました。
電源を入れ替えてみると、 CPU 温度は 51 ℃にまで下がり、 CPU ファンの回転数も 4000rpm から 3000 rpm に下がってだいぶ静かになりました。
大型の電源ファンも静音化に貢献しているようです。
ちなみに、 TOPOWER の電源ファンについていた RGB 三色の余計な LED もなくなったことで、よりプロジェクタ向きの環境になりました。

しかし今どきの電源は PCI-E とか SATA とかのコネクタがついているので、 M/B も新調したくなりますね。ちまたで流行のデュアルコアも気になりますし。
今の ASUS P4B533 ではさすがに古さを感じてきました。

TOPOWER をはずして Antec にするまでのつなぎとして Silencer 275 ATX をつないだときに、 CPU への電源コネクタの存在を忘れて、 CPU がアイドル時にジージーと虫の鳴くような音がしていたのは秘密です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中