1280×720 60fps

最近は 1280×720 な HD 動画を見る機会が増え、Dothan + 855PM + Mobility RADEON 9600 という当時最強の環境の一つであった ThinkPad T42 も限界が見え隠れするようになりました。
30fps の場合は DivX なら Media Player Classic で Output 設定を VMR9 (renderless) から VMR9 (windowed) に変更することでなんとか。 H.264 ではアウトといったところでしょうか。

上記のことと關連しているのかどうか不明ですが、 Stage6 の HD 動画を見ようとすると、システムが操作不能なまでに重くなるようになりました。
システムトレイに ffdshow audio のアイコンが出ていることに氣付き、 ffdshow の MP3 を無効にしてみたら問題は起きなくなりました。

そういえば 704×396 120fps H.264 な動画の再生も無理だったのを思い出しました。 PC の性能が問われるのは 3D ゲームだけかと思っていたら、今や OS の Windows Vista も厳しい環境を要求する時代ですから仕方のないことかもしれません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中