ビジネスフォンと IP 電話とナンバー・ディスプレイ

IP 電話 を YAMAHA RT57i で使い、ビジネスフォンにアナログでつないでいたのですが、ナンバー・ディスプレイしてくれない状況でした。
RT57i の通信履歴では番号が見えるのに、ビジネスフォンに通すとダメなのは仕様なのかなと半ばあきらめていました。
しかし、おとくラインを導入して ACR の見直しを頼んだときに、工事設定しにきた人に聞いてみたところ、ビジネスフォン側がナンバー・ディスプレイ設定されなかっただけと判明します。

それにしても、おとくラインにせよひかり電話にせよ、ナンバー・ディスプレイの月額料金は高いので、基本料金も安い IP 電話を積極的に活用していきたい所存。
RTV700 を入れれば、ビジネスフォンとの連携もとりやすくなるのでしょうか。
ビジネスフォン側で IP 電話を任せると月額が高くつきそうなので避ける方向で。

話変わって、わけあってプロバイダを DION から NIFTY に変えました。
RT57i で、 VoIP を DION 、それ以外を NIFTY につなぐよう設定したら、 IP 電話が着信できなくなり、発信も 4 分 22 秒で途切れるようになってしまいました。
これではさすがに業務にも支障がでるので IP 電話も NIFTY にまとめて、 DION とはばっさり縁を切ることになりました。
しかし NIFTY の IP 電話の設定に難儀。 sip アドレス には sip:050xxxxxxxx@nifty.com と入れるのが正解でした。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中