MDT241WG 導入

今まで S2410W に X-SELECT D4 経由で 720p や 1080p のソースを入れていましたが、オーバースキャン風に設定しないとアスペクト比が狂ってしまうので、幾分使い勝手が微妙でした。
MDT241WG なら上記の信号はもちろん、 1080i も I/P 変換してちらつかずに表示できます。

色差信号も受け付けるので大変便利……かと思いきや、色温度の設定ができず、 6500K あたりで固定のようです。プロジェクタのようにはいきませんか。 5000K を常用しているのでこれはいただけません。映るだけ便利と割り切りが必要でしょうか。

世間では Xbox 360 を親画面にした場合、 16:10 のフルモードにしないと PinP ができないとか、 D1/D2 スクイーズのアスペクトがおかしいとか、 HDMI 周りがおかしいとか、いろいろと騒がしいことになっているようですが、今のところ Xbox 360 単体で使っている分には特に不具合は見あたらず。

購入決定要因となった MP MODE はすばらしいの一言です。 60fps ソースの見やすさは LVP-HC5000 を超えています。残像低減は応答速度だけでは語れないということでしょうか。一番暗くなる MP MODE レベル 3 で使っていますが、部屋が暗いせいか特にちらつきも感じられず、往時の CRT を見ているかのような動画の切れが心地よいです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中