SMD のカスタム情報

Mio Map のスポット情報 Localspot.csv を SMD/PMD のカスタム情報として取り込めると便利だろうと思い続けていましたが、 SMD8 の導入を機に実践。
やり方は簡單で、 SMD のテキスト取り込みを使うだけです。
注意するところは日本測地系、経度・緯度の順、単位ミリ秒といったところ。

カテゴリー: Mio P350 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中