無線 LAN と WEP

フルリセットした辺りからシグマリオン 3 が公衆無線 LAN の HOTSPOT と BB モバイルポイントにつながらなくなっていました。
WEP 認証は通るのに、その後の DHCP がうまくいきません。 WEP なしの環境には問題なくつながっているので、 WEP 關連が怪しいとは思っていました。
家では WEP なしで使っているため、 WEP ありの設定を検証するのが億劫で今まで放置されていましたが、ようやく餘っていた BUFFALO の無線 LAN アクセスポイントを設定し直して実験準備が整いました。

試してみると確かに公衆無線 LAN のときと同じ症状です。やはり WEP の所為だろうといろいろ検索してみると、キーインデックスを 1 から 0 に変更せよという情報が見つかりました。
言われるとおりに設定すると確かに WEP ありの環境で DHCP まで通るようになりました。
どうやら Windows CE では有名なことだったようですが、今まで知らずに使えていましたよ。最初に設定したときに氣付かず正しい値を放り込んでいたのかもしれません。

一時は AH-N401C を引っ張り出すか AX420N を買うかとまで考えましたが、どうやら何もせずに済みそうです。 PHS カードもあれば確かに便利ですが、外に出ることも少なくなりましたしね。

カテゴリー: sigmarion パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中