ふろがま故障

コロナの石油給湯機付ふろがまが導入して 3 年あまりで壊れました。
気化器サーミスタ・ヒータのエラーということでしたが、結局、プリント基板、熱交換器、バーナーの交換と相成りました。
部品代はバーナーのみで、それと工賃込みで 5 万円程度の修理代です。
直壓式で細かく水温設定できますし、いろいろ手間が掛かることをしているのかもしれませんね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中