MediaMonkey

iRiver iHP-120 を、当時、曲を放り込むのが楽という理由で選択して今に至るわけですが、 iPod + iTunes の組み合わせと比べると甚だ面倒に感じられるようになってきました。
アルバムを選んで再生させるだけならよいけれど、新しく追加した曲からプレイリストを作ったりするのは厄介です。

そこで、 iTunes を使うのは無理でも Windows Media Player ならなんとかしてくれるんじゃないかと調べてみましたが、どうやら対応していない様子。ちなみに使用しているのは WMP10 です。 11 は必要になったらということで保留に。

さてどうしましょうか。新たにメモリーオーディオでも調達しようかとも考えましたが、その前にもう少し調査を続けると出てきました。 MediaMonkeyというものが便利そうです。
実際、使ってみると動作は iTunes より軽快で、当然ながら対応フォーマットも豊富、さらには USB マスストレージと自動同期もできると、よいことづくめです。
スマートプレイリストを使ったりする場合には有料のようですが、そこまでの價値があるのか検討中です。

iHP-120 にはもうしばらくがんばってもらいましょう。そういえば Media Monkey は iPod にも対応しているんでしたっけ……

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中