Rboard Pro の復権

パソコン机を導入しました。 24 インチワイドモニタ 2 台を座卓で使うのはさすがに無理がありました。
メタルラックの Luminous に柱 2 本だけ HOME ERECTA というモザイク仕様です。
それはよいとして、やっと USB トラベルキーボードから解放され、マウスが使えるようになりました。
6 年も使われずに眠っていた Rboard Pro の復活と、今まで一度も日の目を見ていなかった MX Revolution の採用です。

Rboard Pro は過去に使っていたときは主に OS/2 上だったため、今回ようやく R ボードサポートプログラムの出番となって気づいたわけですが、ファイル・ディレクトリ名の付け方が半角・全角の使い方が今の (IE4 以降の) Microsoft とは真逆でおもしろいですね。

そしてこれも Windows Vista では非対応となっており、また OS/2 時代と同じになってしまう運命に。それでも Rboard Pro は BIOS レベルでキー配置を自在に変更できるため、並のキーボードに比べればポテンシャルは相当高いです。
さらにカナの ON/OFF で別のキーを割り当てできたりすると、自分好みの AX/NICOLA 配列が実現できるのにと妄想してみたり。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中