GLANTANK 初期化

apt-get update すると Not Found がたくさん出てくるようになってから早幾年。
GLANTANK の Debian は、 sarge のまま、ろくにメンテもされず NAS としての勤めを果たしておりました。

そろそろ etch に移行してもいいんじゃないかと、重い腰を上げたのが運の尽き。 telnet はダメよ。 SSH にしなさいよというリリースノートの警告も聞かず、aptitude って何? apt-get と何が違うのだろうとぼんやり考えながら /etc/apt/source.list を s/sarge/etch/g とか、 debian-jp を消したりしてアップデートの準備を進めます。

aptitude はなんとかググってパッケージを見つけ、フレーバーって何? とかいい加減検索するのもウンザリしつつ、 # aptitude install linux-image-2.6-iop32x-etchnhalf するところまでたどり着きました。

そしてここでトラブル発生です。既存の設定ファイルを置き換えるか? という何度目かの問い合わせの最中に寝落ち。あろうことかこのタイミングで Windows Update が自動再起動してしまいました。

当然 telnet セッションは失われ、もはや GLANTANK には telnet で接続不可となってしまいます。
とりあえず本体後ろの電源スイッチを押して再起動させると、 squid だけ動いてました……
一応、 USB-HDD ケースに入れて中を覗いてみたりしましたけど、 /etc とか見当たらなくて手出し出来ませんでした。この辺よく分かりません。
やはり最後の頼みのシリアルポートが欲しかったところ。

で、結局初期化して、 source.list の sarge を stable に書き換えて aptitude update/upgrade してみましたけれど、果たしてどうなりますことやら。相変わらずよく分かっておりません。
とりあえず今は squid -z したら FATAL メッセージが出たので、 squid.conf の guest を消したら動くようになったところまで。

カテゴリー: GLANTANK パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中