Shuttle SA76G2 を WHSv1 の復元機能を使って IDE HDD から SATA SSD に載せ替え

まずは EaseUS Partition Master を使って HDD のパーティションサイズを SSD の容量未満まで減らします。ここまでは順調。

IDE HDD から SATA SSD に載せ替えたのち、リストア CD から起動させると、 M/B オンボードの Marvell の Yukon NIC で躓きます。 NIC のドライバが見つかりません。ここは yk51x86.sys ではなく、 yk60x86.sys が正解でした。 WHSv1 のリストア CD では Vista 用のドライバを入れる必要があったのでした。

さてその次、何とかリストア作業が終わるというときに boot.ini の編集画面が出ますが、何の気なしに OK ボタンを押して作業を完了させてしまいます。すると、再起動時に「コンピュータディスクハードウェア構成の問題のため、Windows を起動できませんでした」という一文が出るのみで OS が起動できません。

調べてみると IDE から SATA へと接続するコネクタを変えたことで boot.ini の変更が必要だったらしく、 XP のインストールディスクから回復コンソールを選んで bootcfg /rebuild することで無事完了です。

次は ThinkPad で Rescue and Recovery を使っての HDD -> SSD 載せ替え事例など。

広告
カテゴリー: Windows パーマリンク

Shuttle SA76G2 を WHSv1 の復元機能を使って IDE HDD から SATA SSD に載せ替え への2件のフィードバック

  1. イーザス より:

    wakaiy 管理人様

    お世話になっております。EaseUS Softwareです。

    お忙しい中またお邪魔致しまして、申し訳ございません。

    御サイト上で弊社の製品をご紹介頂きまして重ねて感謝しています。

    この記事を拝読した後、ちょっとお願いしたいことがございますが、宜しいでしょうか?

    より詳しい内容を読みたいユーザーのために、製品名EaseUS Partition Masterに下記の公式ページをご追加頂けませんでしょうか?

    https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html

    お忙しい中お手数をお掛けまして大変恐縮でございますが、ご検討頂けば幸いに存じます。

    どうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中