再起不能になった X61s と、 X60s の復活

前兆はマウスポインタが動かなくなったところから。 USB マウスをつなげば使えたので、トラックポイントが壊れたものと思っていました。

次は OS 再起動させようとしたとき。ビープ音が 6 回鳴って起動せず。ググったところキーボード故障らしく、前日に零した茹でトウモロコシの汁が原因と思っていました。

事態が予想以上に悪化していたことに氣付いたのは、 X60s のキーボードに入れ替えてみたとき。ビープ音が 4 回といった感じで、調べたらシステムボード不良と出ました。原因はトウモロコシなどではなく、数日前に Atheros 無線 LAN を外そうとしてビスが外れず、マイナスドライバーとハンマーで引っ叩いたことが疑われます。X60s の無線 LAN はラッチで留めてあるだけだったのに、なぜ X61s ではビス止めなのか……

代わりの PC に T42 がありますが、 DDR 512GBx2 では流石に戦力になりません。 DDR 1GBx2 とか買おうとすれば DDR2 2GBx2 が買えてしまいますし。ともかく壊れたままでは仕事にならないのでと、バックライトが点灯しない改造 X60s を引っ張り出すことにします。

最終的に X60s の本体と X61s の LCD を組み合わせたところ、無事に起動してくれました。 Windows Home Server のバックアップ警告から、X60s が 569 日ぶりの復活なことが分かります。中古で買った X61s が それだけ頑張ってくれたということで良しとしましょう。

でも X60s は新品で買ってから 6 年目に突入、メモリ最大 3GB は今となっては力不足なのは否めません。一時は ThinkPad X121e とか安くていいんじゃないかとか思ったりもしましたが、 NTT-X ストアの 26800 円が完賣してくれていたお蔭で助かりました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中