Defy+ に CM10 pre-alpha を入れようとしてから復活するまで

Motorola Defy+ に CyanogenMod 10 の pre-alpha が出ていたので、試してみようと思い立ったのが運の尽き。 Bootloader 画面から先に進まなくなってしまいます。とりあえず RSDLite で Stock ROM の 4.5.1-134_DFP-1321_CN を書き込んでみたら起動せず、別の 4.5.1-134_231_CN を試してみたらブートアニメーションがループしてしまう事態に。

電源を入れてから音量ボタンの下 (-) を押して、ドロイド君とエクスクラメーションマークの画面が出たところで音量ボタンの上 (+) 下 (-) を同時押しすることで Stock Recovery に入り、 wipe data/factory reset してから再び 4.5.1-134_231_CN を入れることで一先ず起動するようにはなったのですが、 SuperOneClick や DooMLoRD では rooted にできず、途方に暮れます。

4.5.1-134_DFP-1321_CN なら話は簡單だったのですが、うっかり4.5.1-134_231_CN を入れてしまった所為でダウングレードできなくなり、仕方なく MOTOBLUR で使ってみますが、 morelocale2 で日本語ロケールにしたところ、残念な中華フォントが出てきてしまい……

と、残念な結果になるかと思われましたが、 xda developers forum で DFP-188, DFP-231, DFP-2311 BL7 Finally Rooted というスレッドを見つけて試したところ、無事に rooted な環境になってくれましたよ。

今回の敗因は、 Stock Recovery への入り方が分からず、 wipe data/factory reset できなかったことと思われ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中