RT57i から、ひかり電話ルーターへ

職場の電話を、おとくライン (ISDN) から NTT ひかり電話に切り替え、料金は下がったけれど発呼が遅くなって良し悪しといったところ。特に問題なく使っていましたが、最近になって内線にアナログ端末 2 台に加えて IP 端末が 5 台まで使えるようなことを耳にしました。

さっそくその IP 端末とやらを手持ちの iPhone で試そうとしますが、ルーターとして YAMAHA RT57i を使っているため、ひかり電話ルーターの RT-S300HI は RT57i の先に、ブリッジモードで IP 電話アダプタとしてつながっているため、 iPhone では使えません。

使えるようにするためには RT-S300HI をルーターとしてつなぐ必要があり、 RT57i の役割を肩代わりさせなければなりません。今まで RT57i は大したトラブルもなく放置プレイで元気に働いてくれていましたが、 LAN が 100MBASE-TX だとか UPnP がうまく動いていないといった不満がなかったわけでもありません。

一番の問題は RT57i で重宝している VPN (PPTP) サーバー機能が RT-S300HI にはないことで、代わりに VPN パススルー機能が使えます。そこで VPN サーバーは WHS2011 を Hyper-V 環境で動かしている Windows 8.1 な PC に任せることにしてみました。

最初は RT-S300HI の DHCP が MAC アドレスを使った IP アドレスの予約をできないため、 VPN サーバーの IP アドレスを変更することにしたのにも関わらず Hosts ファイルに反映させるのを忘れて四苦八苦したりとか、 ひかり電話設定の優先着信ポートが無効になっていなかったために IP 端末が有効にできなかったり (これはビジネスホンを使っているせい。副作用で外線 1, 2 の着信ランプが同時に点滅して着信履歴もダブる) とかありましたが、なんとか無事に移行完了しました。

ほかに変わったところとしては、 DDNS が netvolante.jp から homeserver.com になったのと、 VPN のスループットが、 RT57i の 2.4 Mbps から Windows 8.1 (Opteron 3280) の 15 Mbps まで速くなってくれたことくらいですか。

iPhone の IP 電話アプリ AGEphone ではバックグラウンド着信ができないので、 Android 端末で使ってみたいのですが、 Motorola Defy+ では力不足でいろいろ限界が……  PHOTON ではカスタム ROM に恵まれてないし、 MOTO G or RAZR 辺りに憧れます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中