クルマのアイドリングストップを体験

鈑金修理に出したシボレー MW の代車がキャロルエコ (スズキ・アルトエコ OEM) でした。今までの経験から、軽自動車には五月蠅いとか遅いとかいうイメージがあったのですが、このキャロルエコは、ネガティブイメージを一掃してくれました。
副変速付 CVT のお陰か、出足の遲れも気にならず、右折時も安心ですし、エンジンは 2,000 回転より上には滅多に上がらず、巡航中は低くゴロゴロという音が聞こえる程度です。
ここまではまあ想定内の感想なのですが、このクルマ、アイドリングストップに癖があり、別の意味で楽しめました。
ふつうのアイドリングストップは、ブレーキで停止してからエンジンが止まるのに対して、アルトエコは減速中 13 km/h 以下になると止まるという、より積極的に作動させる仕様になっています。
そのためか、スムーズに停止しようとしてブレーキを緩めたり、セレクトレバーを N にした途端、アイドリングストップしていたエンジンがクルマの停止直前に再び始動し、更に、その後停止してもアイドリングストップしたりしなかったりと挙動が読めません。
渋滞時にエンジンが止まらないようにする制御があるということなので、その辺りのチューニングの問題なのかなと思っていますが、今後の改善に期待しておきます。
ほかには、 30 km/h 以下でエンジンブレーキが効きすぎる感じとか、ブレーキペダルが左寄りとか、タイヤハウスにカチカチと物が当たる音が結構聞こえるとかありましたけど、全体的には好印象でした。一般道を走る分には充分な性能だと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中